365 SS 6.28

「パフェ食べないの?」 「いらない。」 .

「パフェ食べないの?」

「いらない。」
「なんで?」
「もう入らないから」
「そこは別腹だろ〜」
「え〜。なに、食べて欲しいの?」
「べつに〜。あ、すいませーん」

そう言って頼んだパフェが、程なくしてテーブルへやって来た。

真顔でパフェを頬張る兄を見て初めて、『1人で食べるの恥ずかしかったから、一緒に食べて欲しかったんだな』という事に気がついた。

「お兄ちゃんて甘いの好きだったんだね」
「俺昔から甘党だもん」
「へ〜ぇ。」

滅多にない兄とのご飯。

今度食べに行く時は、一緒に甘いものを食べてあげようと思った。

End.