僕は自由に生きてみたい

人生一度しかない。 世間の一般的な流れに.

人生一度しかない。

世間の一般的な流れに沿って生きるのも、もちろん1つの選択肢だろう

だけど僕は自由に生きてみたい

時に青い空を眺め、時に紅茶を啜りながら、時に友人と語らいながら。

僕は多分、潔癖すぎるのだろう

だけど気づいてしまったからには、もう同じ道へは戻れないんだ

僕は自由に生きてみたい

たとえ世間の『一般的』から逸れたとしても。

たとえこれが、いま酔ってるからだとしても。

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ