『アイドルにハマらない』人と話した。/アイドル論

目次世界の果てまでイッテQ!アイドルにハ.

世界の果てまでイッテQ!

先日放送されたイモトと安室ちゃんの回!!!

感動でしたね~~~~~

なう出来なかったので、録画してたのを見ました~。

見てて、5回くらい泣きました!!!!

良かったねぇイモト!!!

今までのイッテQでも、『あむろちゃあああん!!』と叫んでるのを何度も見てたから、なんだか泣けてしまいました。

アイドルにハマらない人

私はアイドルが好きなんですが、つい先日、『アイドルにハマる気持ちが良く解らない』と言う人と出会いました。

話を聞くうちに、彼はどうやら『アイドルとかにハマる気持ちが良く解らない』訳では無く、『基本的に何にもハマらない』ような気がしてきました。(と言うか、本人も・そう言ってたような?)

基本的に何にもハマらない』といったような事を聞いた時に、『勿体ないよ!』という言葉がまず頭に浮かびました

何ごとも上から目線で見てしまうとも彼は言ってました。

私もそうゆう気質(?)を持っているので、その気持ちは良く解ります

アイドルにハマらない人ではなく『何にもハマれない』という事?

アイドルにハマらない(ハマれない)訳ではなくて、『何にもハマれない』という事?

『何ごとも上から目線で見てしまう』つまり、『自分はそんな風に楽しめない』と拗ねてしまっているという事なのかもしれない。

私にも経験があるので、その気持ちはとても良く解る。一度拗ねてしまうと、なかなか素直になれないんですよね。

こういった、ある種の『拗ねモード』に入ってしまった人って、『勿体ないよ!』なんて言葉を掛けても無意味。

むしろ逆効果かもしれません。

彼がどういった気持ちで、わざわざ私にそんな感情を打ち明けてくれたのかは解りませんが…。

そもそも私は、別に『君もアイドル好きになりなよ!』なんてムリに誘う気は無いし。

そういう人を無理やり誘っても、本当は楽しかったとしても素直になってくれなくて大変そうだし。

自分でつまらない生活にしているのだから、思う存分、つまらない人生を進めば良いと思う。

いやでも、きっと、本当は、『本当は楽しみたい』んじゃないかい?

自ら、つまらない生活をしているなら、思う存分どうぞ!

そう。自分でつまらない生活をしているのだから、思う存分『つまらない人生を進めば良い』と思う。

ただひとつ言いたいのは…、その『つまらない生活』をしている人生に他人を巻き込んで、『他人の生活まで、つまらなくしようとするのは止めてくれ』って言いたい。

つまらない人生を歩むのはご自由にどうぞ。

でも・だからと言って、他人まで巻き込むのは、どうなの???

・・・だけど。

もし、もしも、一緒になって楽しみたいなら、そのときは歓迎するよ。

もし一緒に楽しみたいなら、一緒に笑おう!楽しもう!

『本当は楽しみたい。』だけど、過去の嫌な思い出とかがあって、楽しめない。なんとなく、そんな事を思いました。

もし『本当は楽しみたい』と思ってるなら…、私が手助け出来るかどうかは解らないけど、楽しもうよ。

一緒に楽しもう。一緒にバカをやろう。人から見て『バカみたいだな』って思われるようなことをしよう。

誰かにバカにされたって関係ない。問題は〝自分が楽しいかどうか〟だと思うんだ。

アイドル好きな私は、『アイドル好きだから人生を楽しんでる』のか?

いやいや、そんな事は無い。

実は私、『楽しそうで羨ましいね』とは良く言われて来ました。それこそ、まだアイドルにそんなにハマってない時から。

『悩みなさそうで良いね』ともよく言われてました。

私の悩みなんて知らねーくせに良く言う。っていうか違うんだよ。君はさ、『悩みなさそうで良いね』と発言する事で、『あたしは悩みがあって大変なんですぅ。あなたよりも頭が良いんですぅ』と言いたいんだな。(っていうか『バカって良いよね』と言われたことがあるのを思い出した。)

おっと話が逸れたから、本筋へ戻そう。

今回話した彼には、ちょっと違った視点(?)で返答しました。

そもそも私自身が、一体どういう感情で、アイドルが好きなのか???という事について。

私はどんな感情でアイドルが好きなのか?

私はアイドルが好きだ。一生懸命頑張ってる姿が好きだ。思い悩んで、それでも努力してる姿が好きだ。楽しそうに笑ってる姿を見るのが好きだ。

それは男女問わず好きだ。そもそも頑張ってる人ってキラキラしてて綺麗だ。

私は一体どういう感情で、アイドルが好きなのか。

※画像はアフリカです。

一般的なファン(オタク?)の方って、恐らく、『付き合いたい!』とか『かっこいい!』とか、恋してると思うんですよ。

まぁ私も、そういった感情が無いと言ったら嘘になるんですが。男女問わず、素敵なものには恋をします。それは極端な話、人間じゃなくても。博愛主義ってやつ?

でも、それとはまた少し違った感覚で、アイドルが好きなんだと思う。

多分、私の中にある根底は、『私が歩めなかった幸せな人生のパターンを送って欲しい』という事だと思うんです。

私の代わりに幸せになってほしい/他力本願

ちょっとオカシナ話をします。

私は輪廻転生とかを何となく信じているタイプなんですが…、

もし自分がアイドルだったら。

もし自分があんな容姿を持ち合わせていたら。

もし自分が、幸運にもアイドルになれたら。

もし自分があの場に立ち、客席へと目線を送る人そのものだったら。

そんな想像をするんです。

そう思うと、『もっともっと素敵な未来を見せてあげたい』

もっともっと幸せになってほしい

もっともっと楽しく過ごして欲しい

私の代わりに、幸せで楽しい人生を過ごしてほしい。

そんな風に思うんですよね。

『それに比べて何で私は…』っていう劣等感では無くて、もっともっと、手の届かない存在だからこそ、自分の希望を、未来を、『託したい』と思うんです。

アイドルに どハマりする人って、少なからずそういう感情があるんじゃないかなぁ?

私の場合はそんなふうに、『自分が叶えられない夢を、代わりに叶えてあげたい!』という感情があります。

だからこそ、『夢を叶えたい!』という願望・希望が強いアイドルほど、応援したい。

夢を叶える為に、真摯に向き合い、ひたむきに努力してる人ほど、応援したい。未来を見せてあげたい。

そう思うんですよね。

アイドルにハマれない/『自分の人生を歩んでいる』から、アイドルに嫉妬する

で、先ほどの彼の話に戻りますが。

『アイドルとかにハマる気持ちが良く解らない』

という感情は、至極当然だと思うんです。

『アイドルとかにハマる気持ちが良く解らない』と言う言葉を聞いたとき、何となく、アイドルに対して『羨ましい』という感情が働いてるんだな、って気もしました。

彼自身『嫉妬(羨ましい)という感情がある』とも言ってました。

嫉妬って感情が浮かぶ人は、すごいと思うんですよ。

嫉妬って、通常は『近い』人にしか、現れない感情だと思うんです。

近いってのは、物理的な距離じゃなくて、心の距離。心の近似値というか。

アイドルに嫉妬する人は、『私だってあんな風にチヤホヤされるハズなのに!』と思ってるんじゃないかなって。それって凄いなぁと思う。

だって私は結局のところ、心の中で諦めてるというか。

私があんな場所に立てる訳が無いだからせめて、あのアイドルには頑張って欲しい』って、安全地帯からただ応援してるだけ。

自分が努力するつもりは無くて、勝手に夢を託してるだけ。それってズルいよなぁって、思うんです。

『アイドルとかにハマる気持ちが良く解らない』と言って、自分は自分で自分なりに、自分の為の努力をしてるのなら、その方がよほど偉いしスゴイと思う。

私はある意味、他人の人生を生きていると言うか。

他人の人生を楽しみにしてる。努力もせずに。

誇りを持って『ファン』するために/本当は自分の人生を楽しみたい。

なぜ自分がアイドルにこんなにもハマるのか?自分でその理由をちゃんと解ってなかった頃は、『あの歌い方が良い』とか『この雑誌のこのポーズ最高』とか、『あの髪型はやめたほうが良い』とか、『発言することが良いこと』のような気がしてただただ言ってた。

でも、そうじゃないかもって気が付いた。

自分が努力するつもりも無いクセに、勝手に夢を託してるだけ。それはズルいんじゃないか?

ーーーそんな事に気がついてからは、自分の為に時間を使おうと思うし、自分自身も、応援してるアイドルに恥じないように努力しようと、最近は努力してる。

自分の事を貶さない。自分の努力をバカにしない。自分の頑張りは自分で認めて褒める。

自己肯定感が低すぎると、何を言っても、何を言われても効かなくなってしまうから。

誰かの事を見下してると、『自分も誰かに見下されてる』という呪いが自分にも掛かる

『自分は上から目線で他人の事を見てるんだな』って、気がついたなら、かなりマシ

私も、少し前まではそうだった。

そこからどうしたいのか。どうするのか。

自分自身と向き合い直して、どんな風な自分になっていくのか。どう自分を表現するのか。

自分は、どう生きたいのか?

そんな事を考えるのが、大事だと思うんです。

急に行動しようと思っても難しいから、そんな時は、まずは真剣に向き合ってみて、真剣に考えてみる。

『真剣に考えてみる』それだけでも、ものスゴイ進歩だと思う。

真剣に向き合って考えて、『実際にやれそうな事』を上げてみたら、あとはやってみるだけ

簡単に出来るように、最初の目標は、まずは物凄く簡単にしておく。

そしたら、今日よりも少しはマシな人生が歩める気がするから。

自分の人生の責任なんて、自分にしか取れないから。

そんな事を思った、今日この頃でした。

おわり!

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ