365 SS 7.6

「なんか買ってく~?」 『あー。じゃあロ.

「なんか買ってく~?」
『あー。じゃあロールケーキ』
「ロールケーキね」
『どこで買うの?』
「え?スーパー?に行こうと思ってるけど」
『そうなんだ。じゃああのちょっと大きめのロールケーキにしてね』
「大きめ?」
『そうそう。長細いパッケージに入ってて、ロールケーキが切れてるやつね』
「あ~はいはい。食いしん坊だな」
『違うから!』
「え?」
『そうゆうんじゃないから!』
「えー?」

帰宅ついでに恋人に電話で聞いてみたら、いつもよりも随分白熱した様子で言ってくる。

「今さら食いしん坊なんて恥ずかしがることでもないでしょうよ」
『だからそうじゃないって!ロールケーキ!!プリンとか置いてある棚の近くに並んでるやつにしてね!モンテロールのやつ!』
「え?ああ・・・でもなんかイチゴ入ってるやつとかもあるよ?」
『えぇ?・・・それモンテロールじゃないでしょ?』
「え?あー、うん、違うかも?」
『ダメなの!絶対にモンテロールにして!モンテロールの苺ロールならいいけど!』
「あ、そう。なにモンテロールって他のとなんか違うの?」
『全然違うから!!モンテロールのロールケーキはふわっふわで優しい甘みで生クリームもキレイだし全然違うから!!』
「えー。美味しいんだ?」
『おいしいよ!!モンテロールは手巻きのロールケーキなんだから!』
「おお・・・。まるでステマだな」
『お金なんて貰ってないけどね!!!』

モンテロールのロールケーキはどうやら人を狂わせるほど美味しいらしい。(?)

棚の前でそのパッケージを眺めてしまって、隣に来たおばちゃんに邪魔そうな目で見られて「あっ・・・すいません・・・」と謝った。

---スポンサーサーチ---

7月6日は手巻きロールケーキの日!手巻きロールケーキの日をテーマに書いたフラッシュ・フィクション。毎日『今日は何の日?』をテーマにショートショート書いています。--

This article was written by ねこ