つれづれブログ

過去記事を振り返ってみた感想/主に【目標】関連

今日から〝毎日ブログを書く〟事にする!』と言う目標を決めたのが今年の1月16日。

ふと気づけば、あっと言う間に11月!!!

あと二か月で今年も終わりじゃないですか!!!早!!!!

つい先日、10月の目標の反省と、11月の目標を立てたんですが・・・目標の反省をするたびに気になってた事がひとつあります。

それは『毎日ブログを書くって決めたけど、そういえば今何日連続更新なんだろ??』という事です!!!

気になっては居たものの、振り返るのが大変!!!

なにせ、ほぼ毎日ブログを更新しているので、記事量が膨大!!!(;・∀・)

そして過去記事を読み返して解ったんですが・・・、『何が言いたいのか全然わからん!!!』と言う記事が多いこと多いこと(笑)

我ながらビックリしましたね。

『いま何日連続でブログ更新してる?』と言うことを調べたかっただけなのに、書いている内容がめちゃくちゃで、全然わからない。

しかもタイトルも適当につけてるから、なんの法則性も無くてどの記事なのかさえ解らない!!!(;・∀・)

自分で過去の記事を読み返したりするのって、本当に大事ですね。

自分の書いた記事が『何言ってるか全然わからん(笑)』って思うってことは、おそらくですが・・・

成長している』と言うことでは無いだろうか!!!!

そう考えると、成長著しいですね!!!!(自己肯定感を上げるための自画自賛タイムですw)

過去記事を振り返っていると『もっとこう書かないと解らないな』とか、『この文章はタイトルにした方が読みやすいな』と気になる部分が本当に多いんです!!!

・・・成長してるぅ~~~(笑)

今までは『毎日書く!!!』と言う事だけを目標に書いていました。
それが、今では『ただ書くだけじゃなくて、もっと解りやすくしなきゃ』と思ってるってことなんでしょうねぇ。

とにかく意志が弱かった私は、まず『毎日』続けること自体がとんでもなく大変だった。

誰かに遊びに誘われたら行きたくなっちゃうし、話しかけられたら自分の目標なんてそっちのけで会話しちゃうし。

しかもそれら全部、『遊びたいから遊んじゃお!』という気持ちがベースでは無いんです。

『ここで行かないってのはノリが悪いよな・・・』とか『話しかけてるのに無視したら怒るよな・・・』とか。

基本的に『自分のせい』では無く『相手のせい』なんです。

自分が断れないだけのに相手のせいにしてしまう と言うのは、本当に自分勝手だな、と今では思います。

相手のせいにしておきながら、きっと心の底では『嫌われたくない』という感情があったんですね。

『断ったら嫌われる』
『ノリが悪いと陰口を叩かれる』

とか、そんなふうに思ってたんです。

今でもその感情はかなり強くて、すぐに流されてしまいます。

自分の目標なんかよりも、相手の希望を優先させて、自分を犠牲にすることで『自分の価値』を貰いたがっている。

その考え方はなかなか変えられない。長年そうして生きてきたから、難しいんですね・・・。

そう誰かに言うと、たいてい『そのままのあなたで良いよ!』と言ってくれます。ありがたいことですね。

でも、違うんです。『そのままのあなたで良いよ!』と言ってくれる人は、つまり『変わらないで欲しい』と願ってるんじゃないでしょうか。

私は『変わりたい』と願っているのに、『変わらなくて良い』と言う。それはもしかすると、私の事を考えていないという事なのかもしれません。

ともすれば、『私の意志(願い)を踏みにじっている』と言うことにならないだろうか?

・・・閑話休題。話を戻します。

変わりたいと願いながらも、自分の意志や目標を優先させることは私にとって本当に難しい。

誰かに流されていたほうがよほどラク。誰かのいう事を聞いて、人のせいにして、嫌々いきていくほうがよほど簡単なのかもしれない。

でも、とうとうそれでは息苦しくて、うまく生きていけなくなってきた。

なので、わたしはこれからも、自分のペースで、自分なりに少しずつでも『人に流されない』生き方へとシフトしていきたい。

誰かのためじゃなく、自分のために生きる。

自分を一番大切にしてあげるために、誰かの意見や意志や願いは、見て見ぬふりする

誰かの意見や意志や願いが『見えない』なら、『見て見ぬふりする』必要も無いのになぁ・・・。

見て見ぬふりするという事は、冷たいことなんだろうか。それとも、仕方のないこと・・・?

・・・(;・∀・)

色々考えてると動けなくなってしまうので、もう少し、自分の心を良く見て、自分の心に正直に、心のままに進みたい、と思ったのでした。

あれ、『過去記事を振り返ってみた感想』になってないかも?!まあいいか!!!(笑)

おわり!

---スポンサーサーチ---