自信をなくすターン

今日はちょっと自信を無くした。 すごく楽.

今日はちょっと自信を無くした。

すごく楽しかったハズなのに自信を無くした。

誰かと誰かが褒め合っていて私は置いてきぼり。

自分は、そのふたりについていけないほどのレベルの差があるって思ってるから、ずっと見てるのはつらかった。

いや、少なくとも最初は多少自信を持っていた。でも、褒め合ってる2人を見て、自信を無くしていった。

そこで『わたしには自信がないよ』とは言えなかった。そんなことを言えば、『大丈夫だよ!』と言われると解ってたから。
『自信がない』とは言わないようにしている。
もし相手が私のことを褒めるつもりがなくても『大丈夫だよ!』って適当に褒めて勇気付けようとするだろうから。

嘘で褒められるのはイヤ。

かと言って、相手に気を使わせて『大丈夫だよ!』って言わせるのもイヤ

その場からすぐ逃げ出せたら良かったけど、ふたりが楽しそうだったから、知らず知らずのうちに、自分の『悲しい』気持ちは見て見ぬ振りしてやり過ごした。

『私が少し我慢すれば、みんな楽しいしみんなが幸せだ』と思って我慢してしまった。

『自分の悲しい気持ち』は出来るだけ見ないフリをしてたから、あとになって自分に降りかかって来た。

見ないフリは良くないな。

自分の感情をないがしろにしてしまったから、あとになって自分に返って来たんだな。

すぐに逃げれなかったから、その褒め合いは私の心へ徐々にのしかかってきて、自分のやってることに自信が持てなくなっていった。

気がついたら『自分の書くものは無価値』とすら思っていた。

私はまだまだ自己肯定感が低い

それで人に当たってしまった。

『今落ち込んでるから、そっとしておいて』

と言えたら良かったのかな、と勉強になった。

自分が落ち込んでる時、すぐに『私は今おちこんでるんだな』と理解出来たら良いのに。

自分の感じてる事に鈍感だから、モヤモヤして、よく解らない自分の感情にイライラして、人に当たってしまう。

自分の感情を理解して常に把握出来てたら、もっとちゃんとコントロール出来る気がするのに。

ごめんなさい。

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ