死ぬほど好きだから死なねーよ/石井僚一さん【感想?】創作意欲が溢れてくる本。

先日行った本屋で、すごく気になる本を見つ.

先日行った本屋で、すごく気になる本を見つけました。

石井僚一さんの『死ぬほど好きだから死なねーよ』。

完全に衝動買い。今まで俳句や詩の本は買った事が無い。と言うか私は小説でさえほぼ買わない、読まない

そんな中、唐突に出会った、この本。

一文読む度、創作意欲を掻き立てられる。

鈍器で殴りつけられるような衝撃のある文章。

勢い、感性、言いたいこと、

そういったものが、ガンガン詰まってる本でした。

ちなみに、この本を買う前に何個か、『これも買おうかな』と思った本があった。

そのうちのひとつが、木下龍也さんの『きみを嫌いな奴はクズだよ』。


これもすごく惹かれたんだけど、今回は『死ぬほど好きだから死なねーよ』にした。

買う前にパラパラっと中身を見たら、『死ぬほど好きだから死なねーよ』のほうが、『生きろよ!』という感情が入っているような気がしたから。

立ち読みだけで感じた、エネルギッシュさ。

中身を何度かパラパラめくり、『私が欲しかったのはコレだったのかもしれない』と思った。

『読みたかった文章』なのかもしれないし、『目指したい文章』なのかもしれない。

『言ってみたい言葉』のような気もする。『憧れ』的な。

ところで、『感想』のようなものを書こうと思ったんだけど、これは『感想』とは言えないかもしれない。

なぜなら、私はこの本のすべての文章にまだ目を通していない

だけど、無理して急いで全部を読もうとは思ってなくて。

ちょっと変わった使いかた(?)で、この本を楽しむつもり。

 

その時の気分でパッと開いて、そのページに書かれている、一番心に響いたキーワードや文書を、そのつど感じたいなぁ~と。

占いみたいに。

なんかインスピレーションが湧いてきて、『嗚呼』ってなる。
(嗚呼、ってのは先日見たプレバトの夏井先生のお言葉を利用してみた。使い方が合ってるかは知らない。笑)

 

この文章たちの何が好きかと言うと、空想がたくさん湧いてくるところ。

自由に想像して良いような気になって、いろんな空想に持ち込んでしまう。

ちなみに私は音楽が好きで、歌詞(曲)でも似たようなことを良くやっている。

 

謎を解いていくように、自分なりの補足や考えを繋いだり、新たな展開へ持っていったり、作者が描きたかった世界を自分なりに再現しようとしてみたり。

そういったことを空想するのが好き。

空想したことは、時間が経つと全然違った印象になったりもする。

年齢を重ねると、全く違う解釈に変わったりもする。

 

空想が正しいかどうか、合ってるかどうか、そんなのはきっと永遠に解らない。

答え合わせは出来ないのだと思う。

でも、それで良いと思う。私にとっては、それが楽しいのかもしれない。

 

きみが死ねばぼくは悲しいから雪の原野に海老の天ぷらを置く
石井僚一『死ぬほど好きだから死なねーよ』より。

 

考えるほど、ワクワクしてくる。

 

おわり!

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ