勝手に参加!(笑)プレバト『離婚届』俳句

今回のプレバト俳句ランキングのお題は『離.

今回のプレバト俳句ランキングのお題は『離婚届』。

どうしようか??と考えつつ、自分は結婚すら経験が無い…という事で、考えなくて良いかな…と思ってたんですが!

結局、ギリギリで考えました!

勝手に参加!(笑)プレバト『離婚届』俳句

今回、ギリギリと言うことで友人は寝ており()コメントを貰えなかったので、自分なりに少し改定しました。

今回のお題は『離婚届』。


―――初稿―――

好きだった
苗字と冷酒
最後の日

――――――

好き『だった』と『過去形』にしたんですが、もう少し違った表現が良いかな、と思い直し、改訂!

―――改案―――

雨休み
慣れた苗字に
別れ告げ

――――――

・描きたかった情景。

まさに『離婚届』を題材に。

自分は離婚した事も結婚した事も無いので、想像の域を出ないのですが…。親が離婚した、とか そんな話題で、よく『とにかく疲れた』といった事を聞いた気がしました。

最初の句では『冷酒』がキーワード?で、相手(旦那さん)を表したんですが、そもそも私には冷酒を好む彼氏がいた事も無く…笑

※ちなみに私自身がお酒が好きです。『一緒に冷酒を飲むことも、もう無いんだなぁ』という気持ちになってみたんですが。

あまり良くない想像だな、と思ったので改訂。

『冷酒』を抜くと、季語が無くなってしまうので、何か良い季語は…と思ってたいたところ、見つけたのが『雨休み』。

雨休みとは、『雨が降って一日田畑の仕事を休むこと』らしい。私は田舎出身なので、その意味が良く解る。

嫁いだ先が農家となれば農業も休めないが、離婚ならば、早朝の田畑の世話もこれからはしなくて良いんだ。と、そんな気持ちになった。笑

ちょうど今日はあまり天気が良くなく、週末は雨が降るらしい。

うだる暑さの中では何もする気力が起きないが、曇りや雨で少し涼しくなれば活動もグッと楽になる。

雨が降り、重い腰を上げて、最後となる苗字を紙に綴った。

…という情景を描いてみました。笑

――――――

…どうでしょう?笑

---スポンサーサーチ---

~ここから、今日のプレバトで勉強になった言葉とか。防備録~

2018.7.26プレバト
俳句ランキング

第2位:手塚理美さん。

↓添削後

第4位:宮﨑宣子さん

↓添削後

第3位:野村真美さん

↓添削後

最下位:高畑淳子さん

↓添削後

違うエピソードが出てきたので、それを俳句に。

第1位:河中あいさん

↓添削後

良い俳人になる!と言われて嬉しそう

特待生:千原ジュニアさん

↓添削後

残念ながら昇格無しの『現状維持』ながら、発想は褒められてました!

特待生:東国原英夫さん

↓添削なし!

昇格!10段!おめでとうございます~!

――――――

次週はタイトル戦?!

楽しみですね~。

ところで、毎回『次週のお題』を発見できないんでだけど…。いつ予告してるんだろう?笑

※7月30日追記:→プレバト俳句ランキング公式ページにて、予告がありました!
次回(8月2日)のお題は『夏の太陽』!

おわり!

This article was written by ねこ