今日は『愛妻の日』!愛妻って聞くと『愛妻家の朝食』思い出す【椎名林檎】

今日は『愛妻の日』らしいです。 愛妻って.

今日は『愛妻の日』らしいです。

愛妻って聞くと、椎名林檎さんの『愛妻家の朝食』を思い出します。

なんともノスタルジックでセンチメンタルなメロディーで、すごく好きな曲です。(*^_^*)

椎名林檎さんと言えば、私はけっこうどの曲も好きなんですが、【すべりだい】も好きです。
『愛妻家の朝食』と少し似てる気がして、なんとなく今思い出しました!

勝手な解釈なんですが、『愛妻家の朝食』ってなんか不倫の空気を感じます。

主人公(?)の女性は、一生懸命に夫(?)へ尽くしている様子です。

果物を買いに急いだりするのは、まさに【良妻】の姿。

だけど【明け方の孤独】が何だか引っかかる。

明け方まで帰ってこない、つまり朝帰り。朝帰りって言うのは、仕事が忙しいのかもしれない。

そして最後の方に来るのが【右手に強く握る光りなど既に見えない…】

普通結婚指輪は左手につけるもので、だけど【右手に強く握る光り】は、指輪なんじゃ無いのかなぁと思ったりして。

【もう何も要りません。】

諦めのようにも思えるし、嬉しくて泣いてるようにも思える。

不倫されている妻目線の歌詞にも思えるし、

不倫している愛人目線の歌詞にも思える。

タイトルは【愛妻家の朝食】?

うーーん、やっぱり不倫している愛人目線の歌詞に私は見えるなぁ。

ちなみに、【すべりだい】が好きだとさっき書いたけど、【すべりだい】は別れ話の歌ですよね。

こちらはただ切なくて哀しい、いろんな思いが忘れられなくて、【記憶が薄れるのを『ただ』待っている】ような歌詞に思えます。

別れたくなかったけど別れる事になってしまって哀しい歌と、

相手がいるのを知りつつ繋がっていて哀しい歌。

真逆なようで、すごく似ているなぁなんて思います。

どっちが幸せなんでしょうね。

This article was written by ねこ