トイデジカメラ・ピエニの写真を印刷してみた!

トイデジカメラ・ピエニの写真を印刷してみ.

トイデジカメラ・ピエニの写真を印刷してみましたー!

トイデジカメラ・ピエニ(130万画素)で撮影したデータを、写真として実際に印刷してみました!

トイカメラと言う事で、もともとザラついた質感の表現が可愛いピエニのデータ!

果たして130万画素は紙への印刷に耐えうる質になるのか?!

早速いってみよー!

セブンイレブンで印刷したよ!

今回はセブンイレブンで印刷しました!最近は写真もコンビニで印刷できるんですねぇ~。すごい!

ちなみに〝ましかくプリント〟という方法で印刷しました。

セブンイレブンで印刷すると、TAKE FREEの専用ケース(?)があるので、その封筒に入れて持って帰ってきます。

封筒を開けるとこんな感じ

今回は試しに色んなパターンで印刷してみたかったので、インスタにアップした正方形のデータとカットする前の元データ(長方形)をプリントしてみました!

セブンイレブンの『ましかくプリント』!

セブンイレブンで印刷の方法を指定できるんですが、ましかくになるように写真を配置してくれる『ましかくプリント』を使いました!

これを指定すると、後から切り取って真四角に出来るように切り取り線が入るのです。

※点線が入るのが嫌な場合は、『点線を入れない』指定もできます!

真四角になるように、キリトリ線を入れたパターンで印刷しました。

印刷出来たら、自分でカット!

印刷用紙は通常の写真用用紙なので、あとから自分でハサミなどでカットします。

と言う訳でカットするよん~。

カット前
カット後

ハサミでチョキチョキ切り取りました!ちょっとミスって点線が残ったりも……。

あ!ミスプリあるから気を付けて!

そうそう、プリントするときに『プレビュー』で灰色にしか表示されてないデータは、やっぱり印刷してもただの灰色になりました。

私の場合はお試しでチャレンジしたかったのでOK!!ですが、チャレンジする気が無い人はやめておいたほうが良さそうです。

次回は原因を追究してみますね。たぶんmicroSDの中にデータを入れすぎたんだと思います(;・∀・)
マイクロSDの中に、欲張ってフォルダーを追加で作ったりしてたから、容量いっぱいだったんだろうなぁ。汗

トイデジ・ピエニの実力!!131万画素の画質は?!

さて、トイデジカメラ、DSC Pieni(ピエニ)の有効画素数は131万画素。

iPhoneは1200万画素なので、iPhoneと比べると荒いのは解っています。

画質が悪いと『汚くて印刷なんて出来ないよ!!』と言う人も多いです。
果たして印刷に耐えられるのか?!

もともと画質の荒い写真を近距離でiPhoneで撮影してみました!

……人による?!

まぁ、荒いかどうかで言ったら絶対的に荒い。でも、なんか私は結構気に入っちゃいました。
そもそも写真なんて飾っちゃえばそんなに近距離で見ないし。遠目に見れば全然OK。

むしろ荒いからこそ、こうゆう風合いが出るよなぁ~と思うので、私的には全然あり!!!

インスタ加工前の画像と加工後のプリントはどうだ?

今回は色々試してみたかったので、インスタにアップした後の画像とインスタにアップする前の画像も比較用に印刷しました!

左がインスタ加工後、右が加工無しの元データ!
どうでしょう?

インスタにアップする時に色合いを変えているので、左側は青い。

右側は元データ。

画質が落ちたといったことは無さそう。

結果:いいかんじ!!

結果、いいかんじ!!!だと私は思ったんですが、どうでしょう。

でも難しいかなぁ、許せない人には許せないかも。トイカメラってそもそも画質は悪いんだけどね。その画質の悪さを『かわいい♪』と思えない人には無理でしょうねぇ~。

画質が悪いからこそ良い、ってのもあると思うのだ!

結局のところ好みとしか言えないんだけど、画質が良すぎると私の場合は『つまらん』ってなっちゃうんですよね。あまのじゃくだからか?笑

写真自体はてのひらサイズで可愛い!飾っても良さそう。

カット後

てなわけで、可愛い写真が出来て満足!!!

もっといっぱい撮って、ますます可愛いコレクションにするぞい!!☺

おわり。

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ