8月のショートショート, フラッシュ・フィクション

365 SS 8.26

レインボーブリッジを通るとき、遠くまで見渡せる海を渡るとき、『私は今、東京にいるんだなぁ』と感じる。

橋なんて、どこの橋も同じようなもんか、って。私の生まれた地域では、キレイな橋なんてなくて。

山と山を繋ぐ橋だったり、川を渡るための橋。

雨風で被れた、薄い緑色のペンキで塗られた橋。

真っ赤なペンキで塗られた、山を渡る橋。

あるいは、切り取られたような小さな海を横目に、渡る橋。

レインボーブリッジは美しい。

レインボーブリッジから見える海は、ここが東京なんだと感じさせる。

ああ、こんな橋を渡るだけで、私が主役の映画やドラマのようにすら思える。

いや。ほんとは、こんな素敵な橋を渡らなくたって、自分が主役の人生をずっと生きてるハズなのにね。

~~♪♪~~♪~~♪♪~~

ドライブがてら流す音楽。

私は自分に自信が無い。

こんな橋でも渡らなきゃ、自分の人生を生きていると思えない。

きっとそんな弱い人がたくさん住んでいる東京。

いや、弱い人がたくさん住んでいて欲しいと願ってしまう東京。

私はすこしでも、自分の人生を今、生きられているのだろうか。

---スポンサーサーチ---

8月26日はレインボーブリッジ開通記念日!レインボーブリッジ開通記念日をテーマに書いたフラッシュ・フィクション。毎日『今日は何の日?』をテーマにショートショート書いています。--