365 SS 8.10

ただの日常は思い出に残らないのに、旅行に.

ただの日常は思い出に残らないのに、旅行に行くと絶対に思い出に残るのはなんでだろう?

普段と違う事をしてるから?

だからなんか、身体の全細胞が活性化してるような、そんな感じ。

きっと目に映るもの全てが物珍しくって、目新しくって、見知らぬもので、記憶に残っていくのかも。

食べ慣れない味付けに『あんまり美味しくない』ってなるのも、なんでか良い思い出なんだよね。

私が一番記憶に残ってるのは、夏休みのある日。

いとこのお姉ちゃん家族と出かけた数日間のお泊り。

移動はいとこの車にのったり、自分の親の運転する車にお姉ちゃんが居たり。

一年に一回ぐらいしか会わないから、ハラハラして、ドキドキして、かっこよく思えて、楽しくて、緊張した。

帰り道は悲しくて。泣き顔なんて見せたくなかったから、ふてくされたような態度になったのを覚えてる。

『またね~!』っていとこのお姉ちゃんの両親が言うけど、

どうせ次に会うのは来年でしょ、って淋しく思う。

そんな脳裏の片隅にある記憶…。

あぁ、そろそろホントは、私が『両親』になる年齢かぁ。

なんとなく苦い気持ちになりながら、仲の良い友人との、気兼ねない旅行の計画を立てる。

私はまだまだ、青春真っただ中だ。

苦い気持ちに、蓋をした。

---スポンサーサーチ---

8月10日は宿の日!宿の日をテーマに書いたフラッシュ・フィクション。毎日『今日は何の日?』をテーマにショートショート書いています。--

This article was written by ねこ