365 SS 6.28

駅から降りて小路を歩き、大通りを渡る壁伝.

駅から降りて小路を歩き、大通りを渡る壁伝い。

なんだか情緒ある雰囲気の景色。

このへんって文豪が多かったのかもしれない。

そんなふうに感じさせた。

しばらく歩くと、山へ登っていく階段。

なんだか妙に誘われてる気がして石段を上がっていく。

左手に見えたのが『林芙美子記念館』。どうやら今日はお休みなのか、時間が終わったのか、入れなさそう。

石段の上を見上げると、細かな虫がわらわらと飛んでいて、「うわっ」と思わず声を上げながら虫の集団を走り抜ける。

そのまま一段また一段と、石が積み上げられて出来ている階段を上っていく。

てっぺんまで登って見下ろすと、生い茂った緑で少し薄暗い。

天気が良いのに薄暗い雰囲気は、嫌な空気なんて微塵も感じられなくて、むしろ清々しささえある。

あぁ、林芙美子。

どんな人か私はまったく知らないけれど、この場所はとっても良い場所だ。

ただそれしか解らなかったけど、それでも良いかと思わせた。

思い思いに、好きに解釈していいよと、好きに楽しんでおいき、と、声を掛けられたような気がした。

---スポンサーサーチ---

★月★日は★★★の日!★★★の日をテーマに書いたフラッシュ・フィクション。毎日『今日は何の日?』をテーマにショートショート書いています。--

This article was written by ねこ