365 SS 6.16

ずるずるずる、と食べてたら、隣から強い視.

ずるずるずる、と食べてたら、隣から強い視線を感じて横を見る。

・・・と、ちいさな子供が俺を見上げている。

「・・・」ご、っくん。

そして、ずるずるずる。

小さな子供が、眉を寄せて俺を見上げる。

「・・・。」

子供の奥には若いらしいギャルママ?

どんなに見られてても、下手に声は掛けられないなぁ~~と、また、ずるずるずる。

・・・。ちょっと醤油が足りないか。と、テーブルの上にあった醤油をたらり。

「おじさん、それなに食べてるの?」
「えっ・・・」

男の子の奥を見ると、ギャルママは我関せず。スマホを眺めててこっちを気にするそぶりもない。

「麦とろご飯。」

男の子の目線でも見えるように器少しだけ傾けて見せた。男の子は良く見たいのが、背筋を伸ばしてこっちへ傾いてくる。仕方なしに器をもう少し下げて見せてあげた。

器の中身がとろっとズレる。

男の子は無言で「まっずそ」と嫌な顔をした。

乗り気じゃない男の子に一瞥して、またズルズル、と食べ始める。

確かに。俺も、小さい頃はとろろって苦手だったかもなぁ~。

---スポンサーサーチ---

6月16日は麦とろの日!麦とろの日をテーマに書いたフラッシュ・フィクション。毎日『今日は何の日?』をテーマにショートショート書いています。--
クッキーさんによる写真ACからの写真

This article was written by ねこ