水差しドラセナを土へ植え替え!

先日、水差し(水耕栽培)していたドラセナ(ドラセナマッサンゲアナ)を、土へ植え替えました!

土へ植え替えて早5日。今のところ順調に育っています!

というワケで、ひとまず成功?という事にして、水差しから土へ植え替えた手順などを防備録として書いておきます!

---スポンサーサーチ---

植え替え前・準備!


水差しにし、順調に根が生える

根がある程度 生えてきたら(5センチ程度)、水を根のギリギリまでの水位にして、そのまま様子を見る。

様子を見ながら、明るい日向・または日当たりの良い場所へ置いて様子を見る。光を沢山与える(数週間~数ヶ月くらい)

無事、めっちゃ伸びたら(今回は10センチ程度)、いよいよ土へ!
(今回の植え替え時期:梅雨入ってすぐ。)

準備:容器


植え替え容器:プラカップ(100均)
今回は透明のプラカップへ植え替え。
底に穴を5カ所、キリで開ける。

円の周囲も4カ所くらい、カットして通気性を良くする。

準備:土と鉢底石

土:さし芽種まきの土(100均)

鉢底石:小さめの石。(100均)

植える!

・底に鉢底石を入れる。

・その上へ、土を3分の1くらい入れる
・その上へ、植物を置く(根の剪定など全く無し。)

・上から土をかける。

・下から水があふれるくらい水をたっぷりやる。
・土が少し減るので、さらに土を少し足す。
・もう一度、水をたっぷりやる。

・完了!

気をつけた点・備考

・水差しから土への植え替えなので、あえて梅雨時期に植え替えをした。
・通常は腰水も良いらしい。
・今回は、夏本番が来る前に土へと植え替え、成長させたかった為、梅雨時期に植え替えた。
・梅雨時期という事もあり、腰水をすると水分が多すぎて腐ってしまいそうだったので、今回は腰水はしてない。
・水差しの時点から、だいぶ水分が少ない状態で育てていたので、多少の乾燥には耐えれるハズ。
・暫くのうちは、様子を見ながら水やりをする。

現在の様子


最近は急に寒くなってしまい、植物が耐えられるかちょっと心配だが、
梅雨とは言え時々日射しもあるので、今のところはうまく育ってる様子。

最近は、カップの端から根っこが見えるようになってきた!

日々、にょきにょき伸びてるようなので、ひとまず安心!

と言うわけで、終わり!

今後もこのまま成長してくれーい!