土へ植え替えたドラセナのその後【ドラセナ】

元々、水挿し(水耕栽培)で育てていたドラ.

元々、水挿し(水耕栽培)で育てていたドラセナ(ドラセナマッサンゲアナ)を、先日、土へ植え替えました!
その後の報告です。すくすく育ってます!

季節が良いからか?ぐんぐん伸びてます。

今まで、水挿しから土へと植え替えると、どうも毎回失敗していましたが・・・、今回は、タイミングや事前準分もしっかりと考慮したからか、ぐんぐん育ってます!!

6月10日らへんの様子

↑この画像は植え替え直後。(6月10日らへん。)

6月15日らへんの様子

↑その後、6月15日あたりの様子。植え替え直後は、カップの周りに根は這って無かったんですが、根っこが見えるぐらい伸びてきたようです!

という様子をみて、ここぞとばかりに水と共に液肥(活力剤)を与え、それでも元気いっぱいだったので、置くタイプの肥料も追加。その甲斐もあってか?ますます成長!

7月8日の様子

↑そしてこの画像は今日(7月8日)!芽がもりもりと中央から生えてきた!

葉っぱがモリモリしてきた~~!水挿し(水耕栽培)で育ててた時は、一向に芽なんて生える気配も無かったから、嬉しい~~!

季節のおかげなのか?土のおかげか?肥料のおかげか?まあどれか解らないけど、まぁいいや!

ちなみに、根っこもグングン成長中!!
最初は太い根(水栽培に適した根)でどうなることかと思ったけど、いつの間にか細い根(おそらく土に適した根)になってる?

ちなみに7月入ってすぐくらい?に、根っこは底に到達!!!プラカップの底に開けた穴から、はみ出てて来ました。(見えるかな~?)

---スポンサーサーチ---

通常、底から根っこがはみ出てきたら、植え替えした方が良いとされてるんですが、このドラセナちゃんは一ヶ月前に植え替えたばかり

植物にとって植え替えは、人間で言う手術と言われている

まぁ、ふつうに地面に咲いてたら、植え替えるなんて事はまず起きない出来事だし当然。

さて、このドラセナちゃん。植え替えるかどうか、かなり悩みどころ

今年の夏は厳しそうだし、今のうちに植え替えた方が良い気もするし、すでに結構気温が高いから、逆に秋ぐらいまで待ってた方が良い気もする。

うーん、悩む。

しかし、気になるのは、葉先の枯れ!!

奥の方の新芽は大丈夫っぽいけど、その次に新しい葉の先は枯れている。

先日、2日ほど全然見て無くて、その日は凄い天気が良く、直射日光が凄かった時があった。

そのせいなのか、他の植物は葉焼けを起こして、何枚か葉が枯れた!!!(NO~~~!!)

この子は端に置いてたからか、葉焼けは起こして無かったんだけど、この葉先の枯れは直射日光が原因か?!

もしくは、根詰まり!!(根が生長しすぎて、水が行き渡らないと、葉先が枯れるらしい。)

どっちだ!!原因はどっちだ~!

もうちょい様子見。

という訳で、とりあえずもう少し様子見をみてみようと思う。

新たにもう少し大きい容器に植え替えるか、このまま頑張ってもらって秋に植え替えるか。

ドラセナってそこそこ強い観葉植物だと思ってたんだけど、どうもそうでも無いような・・・。(わたしの管理が悪いせい?汗)

ちょっと慎重に様子を見たいと思います。以上!

---スポンサーサーチ---

This article was written by ねこ